こんにちは

PapaMama CAR’Sです。

 

本日は最近問合せが増えてきたファンベースについて簡単に特徴をご紹介したいと思います。

 

ファンベースとはもともとコンパクト車で室内空間の確保する設計により3列シートを実現したシエンタですが、サードシートをなくし821L(リアシート使用時)という大容量のラゲージスペースを確保したモデルです。

 

さらに分割可倒式のセカンドシートを倒すと、荷室長2065mm。そして最大1813Lという広大なラゲージルームが出現し、アウトドア用品やマウンテンバイク、はたまたペットのゲージなどもそのまま積むことができるので、様々なシーンで活躍することができます。

長期休暇で家族とキャンプに行って車中泊や、ワンちゃんを連れて遠出なども素敵ですね

 

今回のファンベースには3列シート車と同じく1.5リッターのガソリン仕様とハイブリッド仕様が用意され、それぞれに上級グレードとなる「G」とベーシックグレードの「X」が設定されてます。


 

当社が今回試乗(1.5 FUNBASEのハイブリッド G仕様)したときの平均燃費は街乗りで平均26km/L前後だったので、遠出やレジャーでもそれほど燃費を気にする事無く出かけられそうですね!


 

皆様気になるお値段ですが、そこはシエンタ専門店の当社にお任せください。皆様のご期待に添えるようにお値引頑張ります()

あなただけの世界に一台のシエンタの作成をぜひ、PapaMama CAR’Sにお任せ下さい!